金融業務支援の株式会社ろうきんビジネスサポート 大阪市西区

弊社は近畿労働金庫(ろうきん)の後方事務として業務を行っています。
 

TOP_20210324

HOME ≫ 中期経営計画(2021~2023年) ≫

第4次中期経営計画(2021~2023年)

1.第4次中期経営計画(2021~2023年度)の骨子について

 

  • (1)「経営理念」をふまえ、近畿労働金庫・労金業態の求めるニーズに積極的に対応し、「行動指針」に基づき着実に業務を行います。
     

  • (2)第3次中期経営計画で築いた基礎を具体的な成果に結びつけるため、人材、組織、業務を充実させ、取組みを進めます。

  • (3)業務について状況に応じて整備を行い、それに合わせた体制を構築します。
     

  • (4)職場連携を強化し、良好なコミュニケーションのもと、働きやすい職場づくりを進めます。

  • (5)第4次中期経営計画期間中は、「正確で効率的な事務を組織的に行うことにより、〈ろうきん〉事業に貢献します。」をキャッチフレーズとして取り組みます。

     

第4次中期経営計画の
キャッチフレーズ
正確で効率的な事務を組織的に行うことにより、〈ろうきん〉事業に貢献します。

2.第4次中期経営計画の取組内容について

  • (1)人材
      ア.人材育成と活用

    人事異動、ジョブローテーション、部署間連携の実施により、事務対応スキルの向上をはかります。また、主体性をもって業務に取り組む人材の育成をはかります。

      イ.人事制度の定着

    人事評価制度の定着化に向け、評価者のスキル向上をはかります。実施状況をふまえ、制度の改善を進めます。

      ウ.賃金制度等の改定

    人事評価制度を前提に組織機構・スキル等をふまえて賃金制度改定をはかります。また、所定内労働時間の統一を行います。

  • (2)組織
      ア.組織力の向上

    社員個々のスキルが結集することによって、会社全体として大きな力となるよう組織を常に意識して取組みを進めます。

      イ.連携の強化

    セクション、部署、部門を超えて連携を行う組織とし、繁閑調整や応援体制が組める臨機応変な対応等、会社全体で業務を進めます。

      ウ.職場環境の向上

    業務の連携を推進し、コミュニケーションを高めること等により、働きがいのある会社、働きやすい職場づくりを進めます。

  • (3)業務
      ア.効率化の推進

    業務フローを見直し、事務の効率化・シンプル化を進めます。また、事務手順書等により事務処理内容を明確にし、部署内外の連携を強化します。

      イ.業務の拡充

    ニーズに合わせて、業務拡大へ対応できる体制を整備します。当社の役割に基づいて受託業務内容を整備し、近畿労働金庫・労金業態に貢献します。

      ウ.コストの低減

    受託業務内容と受託料について、引き続き見直しに向けて整理を行います。機器・AIの活用等により業務の効率化を推進し、常にコスト低減を意識して事業を行います。

  •  

お気軽にお問い合わせください。

株式会社 ろうきんビジネスサポート


金融業務支援の総合サービスの会社です。
金融機関の集中業務支援、書類管理業務など
<ろうきん>の業務支援をいたします。

◆お問い合わせ先
[電話番号]06-6449-6585
[営業時間]9:00~17:00
近畿労働金庫事務代理店
近畿財務局長(労金代)第1号
基 0329 第1号
平成29年3月29日
株式会社
ろうきんビジネスサポート
[電話番号] 06-6449-6585
[営業時間]9:00~17:00

モバイルサイト

ろうきんビジネスサポートスマホサイトQRコード

ろうきんビジネスサポートモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!