金融業務支援の株式会社ろうきんビジネスサポート 大阪市西区

弊社は近畿労働金庫(ろうきん)の後方事務として業務を行っています。

株式会社 ろうきんビジネスサポート

HOME ≫

ろうきんビジネスサポートのご案内

ろうきんビジネスサポートについて

当社の説明
弊社は、近畿7労働金庫の100%子会社として、1986年12月に金庫業務の集中化・効率化に貢献することを目的として発足しました。

その後1998年10月に、7金庫が統合して近畿労働金庫が発足し、現在に至っています。 また、2017年4月1日からは近畿労働金庫事務代理店(許可番号:近畿財務局長(労金代)第1号 基0329第1号)として、
近畿労働金庫の後方事務、集中業務を行う労働金庫代理業
を開始しました。

その他の受託業務として、
ATM監視などのコールセンター業務、書類管理業務をはじめ、名刺の作成や消耗品・頒布品・物品斡旋
なども行っています。

さらに、
近畿労働金庫の会員様からの横断幕・ポスターの作成や、他の労働金庫からの業務
についても受託しています。

会社運営においては、2009年からPマーク(第20000400号)を取得して
個人情報保護をはじめとするセキュリティ対策を重視し、安全・堅実・効率的に業務を行っています。

弊社の強み

安全

堅実

効率的

第3次中期経営計画

第二次中期経営計画

株式会社ろうきんビジネスサポートは、社名を変更してから2018年4月で10年が経過しました。また、「近畿労金サービスセンター」の社名で事業をしていた期間を含めますと、2016年には30年が経過しました。この間、近畿の7つの労働金庫の統合や、金庫のシステム変更等を経験する中で、  金庫のバックオフィスとしてあらゆる業務に挑戦し、 いろいろな職務のノウハウを培ってきました。
 また、一層の業容の拡大を図るためには、中期的な視点に立つ必要があるとの観点から、 2011年度を初年度とする第1次中期経営計画(以下、「第1次中計」という)を3年ごとに策定しています。第2次中計では第1次中計の「新たな貢献の時期」との認識を踏襲し、単に従来のコストセンターとしての業務を引受けるだけではなく、 金庫の抱える課題も視野に入れ、安心・信頼される業務を提供することとしましたし、「現場力」の強い会社 を目指して全社挙げて取組んできました。
2018年度からは、「人材・組織、現場力を最大限に活かし、<ろうきん>に寄与する」をキャッチフレーズとして、新たに第3次中期経営計画をスタートしました。

個人情報の取扱

公式Pマーク
個人情報の管理について 
弊社は2008年7月にプライバシーマークを取得し、2018年7月に適格の評価を受け、5回目の更新(2018年7月14日~2020年7月13日)が認定されました。

今後もプライバシーマークの認定基準を維持するよう、努めていきます。弊社のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。 

プライバシーマークとは

「プライバシーマーク制度」とは、認定審査員の資格を持った審査員が企業や団体等(事業者)の事業活動における個人情報の取り扱いを審査し、その取り扱いが適切であると評価した事業者にプライバシーマークの使用を認める制度です。

「プライバシーマーク制度」は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が運用しています。

お問い合わせはこちら

0000553554.png
[電話番号]06-6449-6585
[営業時間]9:00~17:00
近畿労働金庫事務代理店
近畿財務局長(労金代)第1号
基 0329 第1号
平成29年3月29日
株式会社
ろうきんビジネスサポート
[電話番号] 06-6449-6585
[営業時間]9:00~17:00

モバイルサイト

ろうきんビジネスサポートスマホサイトQRコード

ろうきんビジネスサポートモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!