金融業務支援の株式会社ろうきんビジネスサポート 大阪市西区

弊社は近畿労働金庫(ろうきん)の後方事務として業務を行っています。
 

TOP_20210324

HOME ≫

  最新情報

株式会社ろうきんビジネスサポートのご案内

ろうきんビジネスサポートについて

 当社は、1986年12月に近畿圏の7労働金庫の金庫業務の集中化・効率化に貢献することを目的に、「株式会社近畿労金サービスセンター」として発足しました。
 その後、1998年10月に7金庫が統合して「近畿労働金庫」が発足し、その100%子会社として業務を継続しています。2008年6月に社名を「株式会社ろうきんビジネスサポート」に変更を行い、現在に至っています。
 1992年12月よりATM監視等のコールセンター業務を開始し、2008年3月からは西日本6労働金庫のATM監視業務も行っています。その後、2014年1月から全国の労働金庫の深夜カード紛失受付業務を開始し、24時間無休で業務を行っています。
 また、2017年4月1日からは近畿労働金庫事務代理店(許可番号:近畿財務局長(労金代)第1号 基0329第1号)として、 近畿労働金庫の後方事務、集中業務を行う労働金庫代理業を開始しました。
 その他の受託業務として、給与計算業務、管財業務、書類管理業務をはじめ、事務機器のリース業務、名刺の作成や消耗品・頒布品・物品の斡旋、融資集中処理業務等も行っています。
 2021年4月から2024年3月まで、「経営理念」に基づき「第4次中期経営計画」を策定して事業を進めています。
 

経営理念(会社の経営姿勢)

①近畿労働金庫のグループ会社として、ニーズに応じた事務サービスを提供します。
②「ろうきんの理念」に基づき、近畿労働金庫、労金業態とともに事業を展開します。
③コミュニケーションがよく明るく働きがいのある会社を目指します。

 

行動指針(社員の勤務姿勢)

①私たちは、常に正確・迅速・丁寧な事務を心がけ、お客さまに満足いただける事務サービスを提供します。
②私たちは、過去にとらわれない柔軟な発想をもって、常に改善を追求します。
③私たちは、決められたルールを守り、社会人として、〈ろうきん〉の一員として自覚をもって行動します。
④私たちは、お互いの役割を理解し、協力して仕事に取り組むとともに、目標に対しチャレンジします。
⑤私たちは、目配り・気配り・心配りができる人材を育成します。




 

第4次中期経営計画

 2020年初頭からの新型コロナウィルス感染症禍により社会環境は大きく変化しました。その中で、金融面ではゼロ金利政策が長く続いており、金融機関にとって非常に厳しい経済環境が継続しています。社会環境の悪化も想定され、今後も厳しい収益状況が続くことが想定されます。
 当社は、近畿労働金庫の100%子会社として、近畿労働金庫の業務、事務の後方サポート、また、労働金庫連合会からの受託業務で全国の労働金庫のサポートを行う会社です。厳しい金融環境の中で多様なニーズに応えるため、各社員が事務対応力を高め「行動指針」に基づいて業務を遂行することで、その集合体である組織の力が強化され、安定した事業の継続が可能となります。
 近畿労働金庫は、2021~2023年度について「第8次中期経営計画」を策定して事業を展開することとされており、当社はそれに同期をとって対応します。
 2021~2023年度の3年間について、今後のめざすべき方向を明確にして、引き続き近畿労働金庫、労働金庫業態へ貢献していくために、「経営理念」に基づき「第4次中期経営計画」を策定し事業を進めます。

お気軽にお問い合わせください。

株式会社 ろうきんビジネスサポート
 
 
金融業務支援の総合サービスの会社です。
金融機関の集中業務支援、書類管理業務など
<ろうきん>の業務支援をいたします。

◆お問い合わせ先
[電話番号]06-6449-6585
[営業時間]9:00~17:00
近畿労働金庫事務代理店
近畿財務局長(労金代)第1号
基 0329 第1号
平成29年3月29日
株式会社
ろうきんビジネスサポート
[電話番号] 06-6449-6585
[営業時間]9:00~17:00

モバイルサイト

ろうきんビジネスサポートスマホサイトQRコード

ろうきんビジネスサポートモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!